准看護師の求人は減少気味

看護師には准看護師と正看護師があります。准看護師は2年間指定の学校に通い、都道府県主催の検定試験に合格すれば資格を取得することができます。正看護師の場合は3年間指定された学校に通い、国家試験に合格すれば資格を取得することができます。准看護師の仕事は患者の健康状態の確認や服薬の管理、患者本人や家族を含めた精神的なサポートになり、これらは正看護師も行うため仕事内容はそれほど違いはないのですが、医師や正看護師の指示に従い業務にあたるため実際の現場では、お給料の面で大きく差がつくのが現状です。

またここ数年、外来だけの病院であっても正看護師を募集することが多くなっています。それは今の日本の看護基準の報酬の計算の仕方が正看護師の人数によって区分されているからです。そうなると准看護師が勤務している場合であっても看護基準を満たすことができず、病院にとって高い報酬を得ることができません。そのため准看護師の募集は減ってきています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ