オペ室看護師の業務内容

看護師というと病棟で業務を行うというイメージが強いですが、オペ室看護師といういわゆる手術室に配属され業務を行うものです。オペ室における看護師の業務内容は、病棟におけるそれと異なり患者とのコミュニュケーションが非常に少ないのが特徴です。主な業務内容は、「器械出し」と「外回り」の2種類になります。「器械出し」とは、直接介助の事で、手術を行う医師に手術器具を渡したりする業務になります。様々な診療科で様々な病気の手術を行う事になるので、それぞれの手術の内容を理解し、手術を円滑に行うのは知識と判断力が必須となります。

「外回り」とは、間接介助となり手術前訪問の際の声掛けや、手術後の病棟の看護師への申し送りはもちろんの事、手術中は体位を変える作業や看護記録の作成などを行うのが主な業務内容になります。この様に一般的な病棟の担当と異なり、かなり専門性を求められる業務内容となります。病棟担当の看護師がキャリアアップする為にも大切な経験になります。

看護師が製薬会社に転職した時に仕事内容とは

あまり知られてはいませんが、看護師の就職先というのは、病院だけではないのです。社員の健康管理や、健康診断のために一般企業にも看護師が常駐しているのは珍しくありません。病院以外の看護師の就職先で、特に知られていないのは、製薬会社です。製薬会社での看護師の仕事は、一般企業のように、社員の健康管理のためではありません。製薬会社ならではの仕事です。

製薬会社は、名前の通り、薬を作る会社です。そして、次々に新薬を作っています。この新薬が出た時に、副作用や効能をデータとして調べるのです。治験にかかわる仕事をします。被験者に対するケアをしたりするのです。このように、製薬会社での看護師の仕事というのは、これからの未来のためのデータを作っていく仕事の手助けとなります。

病院勤務とは全く仕事内容は違いますが、非常にやりがいのある仕事です。ナースの資格を生かして転職したい人にはとてもおすすめです。お給料も良いですし、あまり残業もないという特徴があります。

治験コーディネーターと看護師転職

近年、日本国内で新薬の開発が積極的にすすめられています。新薬を実証の段階にすすめてゆくためには何といっても治験は欠かせません。治験を無事に成功させることができればこれまで治療が難しかった疾患に新たな道が開けるために、治験に注目している医療関係者が大勢います。治験を行うためには全国から集められたモニターと呼ばれる対象者の活躍が重要です。

そのようなモニターのサポートを行うために治験コーディネーターと呼ばれる専門職にニーズが高まっています。多くの場合治験コーディネーターは看護師が充てられており、特に現場経験豊富な看護師に期待をしている医療機関が目立っています。看護師の転職先としていまだに治験コーディネーターは一般的なものではありませんが、この職種は比較的給料体系が恵まれていることや、新薬の開発に携わることができるとあって、やりがいを感じている看護師にとってはもってこいの職場環境が用意されています。

子育てが転職のきっかけになることは多い

子育てがきっかけで転職を考えているナースは下記ページを参考にしましょう。

看護師の子育てガイド【仕事との両立で悩んでいる方へ】

まずは、両立を目指すのではなく、何を優先するかで考えていくとうまくいきやすいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ